メンズリゼTOP > 脱毛の基礎知識 > 様々な脱毛方法

様々な脱毛方法

「永久脱毛」を望むなら、
医療レーザー脱毛か、針脱毛の2択です。

エステサロン、クリニックで行う方法から、ご自宅で行う方法まで、脱毛には様々な方法があります。
また、痛みは伴うが永続的な効果を期待できる方法、痛みはないが一時的な減毛効果しか期待できない方法など、それぞれにメリット・デメリットがあります。
それらをしっかりと理解した上で、ご自身の目的を達成するために、それぞれの脱毛方法を比較し、その中で最適な方法をお選びください。

医療レーザー脱毛の紹介とその効果

まずは、当院含め医療機関でのみ行われる医療レーザー脱毛についてです。 黒い色素(メラニン)にのみ反応するというレーザーの特性を利用し毛根にダメージを与える事で永続的に脱毛効果を持続させる方法です。
医療レーザー脱毛機の中にも種類があり、メンズリゼでは一人一人異なる毛質、肌質でも効果を発揮できるよう、3種類の医療レーザー脱毛機を使い分けております。

針脱毛(ニードル脱毛) の紹介とその効果

毛穴ひとつひとつに対して針を差し込み、毛穴奥深くある毛乳頭に電気を与えることで、毛根を死滅させる脱毛方法です。
医療レーザーでは脱毛できない部位(目の下や乳首)も脱毛が可能で、男性のヒゲのような毛穴が深い体毛にも充分な効果を発揮します。
しかし、毛穴1つ1つに針を差し込み、電気を流す事から強めの痛みを伴います。また、技術的にも毛穴一つ一つに対し手作業で施術を行いますので、スタッフへの技術的要求が高く問われます。

光脱毛の紹介とその効果

主に医療機関ではないエステサロンで行われている脱毛方法であり、特殊な光を発する機械を使用して脱毛を行います。
原理は医療レーザー脱毛とほぼ同じですが、医療レーザー脱毛と比較すると、光のエネルギーは弱く脱毛効果が出にくいため、その分コース回数が多くなりがちです。
効果が弱い分、何年もかけ回数をこなす事で徐々に脱毛効果を出していくイメージです。ちなみに、エステサロンがレーザー脱毛を行わない理由は、エステサロンとは医療機関ではないため、万が一の場合に対応できる医師が存在しないという理由から、一定以上での出力を法律により禁止されているためです。

除毛クリームの紹介とその効果

除毛クリームは通販や薬局で販売されているケースが多く、特殊なクリームを脱毛したい箇所に塗布する事で、毛を科学的に分解する方法です。毛を溶かすというイメージが近いです。
除毛クリームでの脱毛は、表面の毛を溶かす事で一時的に毛を見せなくするだけですので、毛根自体が無くなる事はなく、時間の経過とともに通常通り毛は生えてきます。
また、除毛クリームの種類には、体毛の色を薄毛くしたり、毛の成長を抑制する成分が入っているとされる脱毛クリームも存在します。
しかし、毛は皮膚と類似する成分が多いため、そのような除毛クリームを塗布する事で、同時に皮膚へのダメージを与えている事になります。
男性にはまだ馴染みがないかもしれませんが、気軽に購入でき、痛みもないという事で女性では使用されている方も多いとようですが、本当の意味での脱毛効果は期待できませんし、 肌へのダメージを考えるとあまり推奨できる方法ではありません。

脱毛ワックスの紹介とその効果

某映画の影響もあり、女性の間では認知度の高い脱毛方法です。
男性にはまだ馴染みのない方法かもしれませんが、脱毛したい部位に塗布し、乾いてから一気にはがすという至ってシンプルな方法です。毛根からしかも広範囲を一気に処理できる事がメリットであり、カミソリや除毛クリームより、処理の回数が少なく済みます。
しかし、脱毛時に皮膚の表面が傷つく事で、内出血やかぶれが発生する可能性があるというデメリットがあり、また、引っ張って抜くという単純作業のた強い痛みを伴います。 毛根から処理をするとはいえ、時間の経過とともに通常通り毛は生えてきますので、その度に肌に負担をかけて脱毛ワックスをし続ける行為はあまり推奨できるものではありません。

家庭用脱毛器の紹介とその効果

家庭用脱毛器に長期的な脱毛効果を出す力はありません。
逆に、そのような効果があったとすれば、自宅でのレーザーへの知識が無い方が使用するのは大変危険です。現在ではエステなどでも脱毛が行われるようになったという事もあり、(※本当の意味での脱毛行為は、法律の関係から医療機関でしか行えません。)脱毛は医療行為だということを忘れてはなりません。
これら家庭用脱毛器は気軽に行える「毛抜き」だと位置づけるのが正解に近いかと思います。効果、リスクなどを加味した上で、本当に永久的脱毛を望むのであれば医療レーザー脱毛をおすすめ致します。

毛抜きによる脱毛の紹介とその効果

毛抜きは、様々な皮膚トラブル(色素沈着・埋没毛・毛嚢炎など)を起こす原因となりますので、おすすめは出来ません。もちろん、脱毛ワックスや脱毛テープも同じです。効果とリスクのバランスだけを考えると医療レーザーによる脱毛がおすすめです。しかし、金銭面などの理由から、「すぐには医療レーザー脱毛を受けられない。」という方も多いのではないでしょうか。

そのため、やむを得ず自己処理を行う場合は、下記の点に注意して自己処理を行う事をおすすめしています。

1、必ずシェービングフォームを使用しすべりを良くする事で皮膚への負担を軽減しましょう。
2、可能な限り深剃りはさけましょう
3、家庭用電気脱毛機や除毛クリームは、上記の通りあまりオススメできません。

様々な脱毛方法

「永久脱毛」を望むなら
医療レーザー脱毛か
針脱毛の2択です。

エステサロン、クリニックで行う方法から、ご自宅で行う方法まで、脱毛には様々な方法があります。 また、痛みは伴うが永続的な効果を期待できる方法、痛みはないが一時的な減毛効果しか期待できない方法など、それぞれにメリット・デメリットがあります。
それらをしっかりと理解した上で、ご自身の目的を達成するために、それぞれの脱毛方法を比較し、その中で最適な方法をお選びください。

脱毛方法の比較表

  • 医療レーザー脱毛

    まずは、メンズリゼ含め医療機関でのみ行われる医療レーザー脱毛についてです。黒い色素(メラニン)にのみ反応するというレーザーの特性を利用し毛根にダメージを与える事で永続的に脱毛効果を持続させる方法です。医療レーザー脱毛機の中にも種類があり、メンズリゼでは一人一人異なる毛質、肌質でも効果を発揮できるよう、3種類の医療レーザー脱毛機を使い分けております。

    医療レーザー脱毛のメカニズムについて

    メンズリゼ(リゼクリニック)が導入している3種類の脱毛機について

  • 針脱毛

    毛穴ひとつひとつに対して針を差し込み、毛穴奥深くある毛乳頭に電気を与えることで、毛根を死滅させる脱毛方法です。医療レーザーでは脱毛できない部位(目の下や乳首)も脱毛が可能で、男性のヒゲのような毛穴が深い体毛にも充分な効果を発揮します。しかし、毛穴1つ1つに針を差し込み、電気を流す事から強めの痛みを伴います。また、技術的にも毛穴一つ一つに対し手作業で施術を行いますので、スタッフへの技術的要求が高く問われます。

  • 光脱毛

    主に医療機関ではないエステサロンで行われている脱毛方法であり、特殊な光を発する機械を使用して脱毛を行います。原理は医療レーザー脱毛とほぼ同じですが、医療レーザー脱毛と比較すると、光のエネルギーは弱く脱毛効果が出にくいため、その分コース回数が多くなりがちです。
    効果が弱い分、何年もかけ回数をこなす事で徐々に脱毛効果を出していくイメージです。ちなみに、エステサロンがレーザー脱毛を行わない理由は、エステサロンとは医療機関ではないため、万が一の場合に対応できる医師が存在しないという理由から、一定以上での出力を法律により禁止されているためです。

    エステ脱毛と医療脱毛の違いについて

    エステ脱毛からの乗り換え割はこちら

  • 除毛クリーム

    除毛クリームは通販や薬局で販売されているケースが多く、特殊なクリームを脱毛したい箇所に塗布する事で、毛を科学的に分解する方法です。毛を溶かすというイメージが近いです。除毛クリームでの脱毛は、表面の毛を溶かす事で一時的に毛を見せなくするだけですので、毛根自体が無くなる事はなく、時間の経過とともに通常通り毛は生えてきます。 また、除毛クリームの種類には、体毛の色を薄毛くしたり、毛の成長を抑制する成分が入っているとされる脱毛クリームも存在します。しかし、毛は皮膚と類似する成分が多いため、そのような除毛クリームを塗布する事で、同時に皮膚へのダメージを与えている事になります。
    男性にはまだ馴染みがないかもしれませんが、気軽に購入でき、痛みもないという事で女性では使用されている方も多いとようですが、本当の意味での脱毛効果は期待できませんし、 肌へのダメージを考えるとあまり推奨できる方法ではありません。

    自己処理脱毛のリスクについて

  • 脱毛ワックス

    某映画の影響もあり、女性の間では認知度の高い脱毛方法です。男性にはまだ馴染みのない方法かもしれませんが、脱毛したい部位に塗布し、乾いてから一気にはがすという至ってシンプルな方法です。毛根からしかも広範囲を一気に処理できる事がメリットであり、カミソリや除毛クリームより、処理の回数が少なく済みます。
    しかし、脱毛時に皮膚の表面が傷つく事で、内出血やかぶれが発生する可能性があるというデメリットがあり、また、引っ張って抜くという単純作業のた強い痛みを伴います。 毛根から処理をするとはいえ、時間の経過とともに通常通り毛は生えてきますので、その度に肌に負担をかけて脱毛ワックスをし続ける行為はあまり推奨できるものではありません。

    自己処理脱毛のリスクについて

  • 家庭用脱毛器

    家庭用脱毛器に長期的な脱毛効果を出す力はありません。逆に、そのような効果があったとすれば、自宅でのレーザーへの知識が無い方が使用するのは大変危険です。現在ではエステなどでも脱毛が行われるようになったという事もあり、(※本当の意味での脱毛行為は、法律の関係から医療機関でしか行えません。)脱毛は医療行為だということを忘れてはなりません。
    これら家庭用脱毛器は気軽に行える「毛抜き」だと位置づけるのが正解に近いかと思います。効果、リスクなどを加味した上で、本当に永久的脱毛を望むのであれば医療レーザー脱毛をおすすめ致します。

    自己処理脱毛のリスクについて

  • 毛抜き

    毛抜きは、様々な皮膚トラブル(色素沈着・埋没毛・毛嚢炎など)を起こす原因となりますので、おすすめは出来ません。もちろん、脱毛ワックスや脱毛テープも同じです。効果とリスクのバランスだけを考えると医療レーザーによる脱毛がおすすめです。しかし、金銭面などの理由から、「すぐには医療レーザー脱毛を受けられない。」という方も多いのではないでしょうか。
    そのため、やむを得ず自己処理を行う場合は、下記の点に注意して自己処理を行う事をおすすめしています。

    1. 必ずシェービングフォームを使用しすべりを良くする事で皮膚への負担を軽減しましょう。
    2. 可能な限り深剃りはさけましょう。
    3. 家庭用電気脱毛機や除毛クリームは、上記の通りあまりオススメできません。

    自己処理脱毛のリスクについて

脱毛の基礎知識の一覧を見る

医師によるカウンセリングは無料です。

東京新宿 渋谷
銀座 大宮
柏 横浜
大阪梅田 心斎橋
神戸三宮 京都四条
名古屋栄 名古屋駅前
仙台院 新潟院
広島院 福岡天神

※メンズリゼ新宿以外は、リゼクリニック受付が対応させていただきます。

提携院

青森 盛岡
いわき 郡山
  • 院限定トライアル脱毛 1回1部位2,980円(税込)
  • エチケット脱毛専門ページはこちら
  • 就活脱毛・学割プランの詳細はこちら
  • 【定額】全身脱毛5回コース月々6,100円 【定額】ヒゲ全体5回コース月々3,100円
  • 【定額】セレクトヒゲ脱毛(2部位)5回コース月々3,000円 【定額】セレクトヒゲ脱毛(3部位)5回コース月々3,300円
  • 乗り換え割り詳細はこちらから

再診予約フォーム

~関連サイト~

  • ヒゲ脱毛専門ページ
  • 採用情報
  • 雑誌・メディア等の取材に関するお問い合わせはこちら
  • 女性のための美容皮膚科リゼクリニック

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

初診:0120966290 再診:0120230160 閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

初診:0120966290 再診:0120601222 閉じる

選択してください

初診:0120966290 再診:0120715716 閉じる

選択してください

予約専用:0120966290 お問合せ:0120335355 閉じる
ヒゲ脱毛専門ページはこちら ヒゲ脱毛専門ページはこちら

お問い合わせ

再診予約

無料カウンセリング予約