脱毛前の注意点・お手入れ

レーザー脱毛前に、読んでいただきたい
3つのポイントをご紹介いたします。

脱毛前 脱毛後
脱毛前の注意点
脱毛前のお手入れ

脱毛前の注意点

ムダ毛の処理について

レーザー脱毛は、毛が伸びた状態で施術を行うと、皮膚の表面にでているムダ毛に反応をしてしまい、火傷のリスクが高まります。
また、レーザーが毛根まで到達しにくくなり、適切な脱毛効果が出ないという事が起きてしまいます。
そのため脱毛前は、毎回ムダ毛の処理をお願いしております。

●初診時のみ、ムダ毛の処理をなさらずにお越しください。

イメージ画像

初めてのご来院の際は、ムダ毛の処理を行わずにお越しください。
それは、照射を始める前に、患者さまの毛質・毛量を診察することで、脱毛効果の予測をするためです。

初診よりも2週間前以降のムダ毛処理を行わないことが理想です。
ですが、前日にムダ毛の処理を行ってしまったからと言って、照射が行えないという事ではありませんので、ご安心くださいませ。

●毛抜きやブラジリアンワックスでの処理はしないでください。

イメージ画像

毛抜きやブラジリアンワックスでの処理は行わないでください。
これらの方法で毛を抜いてしまうと、レーザーが毛根にダメージを与えることができず、脱毛効果を与えることができません。

電動シェーバーやカミソリでムダ毛処理を行うようにしてください。

予防接種について

イメージ画像

●予防接種の前後2週間のレーザー照射はお控え下さい。

予防接種をすると、免疫反応に伴う発熱や腫れを認める場合があります。
発熱中や腫れが認められる状態で、医療レーザー脱毛のレーザーを照射してしまうと、レーザーの熱により、さらに発熱や腫れが悪化する可能性があります。

そのため、予防接種の前後1週間(麻疹・風疹の予防接種に関しては予防接種前1週間、予防接種後2週間)のレーザー照射はお控えください。

脱毛前のお手入れ

日焼けをできるだけ避けましょう。

イメージ画像

脱毛期間中は、日焼けを避けましょう。

医療レーザー脱毛は、黒色に反応するレーザーを照射することで、脱毛効果を与えます。

そのため、日焼けをした肌にレーザーを照射していまうと、火傷のリスクが高まり、照射をお断りする場合があります。

脱毛期間中は、必ず日焼け止めをご使用し、日焼けをできるだけ避けるようにして下さい。

万が一日焼けをしている際には、照射可能なレベルかを判断させて頂きますのでスタッフまでご相談下さい。

剃毛後は、保湿を心掛けましょう。

イメージ画像

剃毛をした後は、化粧水やクリームなどを使用し、保湿を心掛けましょう。

剃毛を行うことで、カミソリや電気シェーバーの刃が肌の角質を削ぎ落してしまいます。

肌の角質が無くなることで、肌の水分量は低下をし、乾燥してしまいます。

剃毛後のかゆみや赤みの原因にもなりますし、脱毛の際に肌が乾燥をしていることで痛みを感じやすくなることもあります。

そのため、剃毛後は化粧水やクリームなどの保湿剤を用いましょう。

▲ トップへ戻る

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

医師によるカウンセリングは無料です。

東京新宿 渋谷
銀座 町田
立川 大宮
柏 横浜
大阪梅田 心斎橋
神戸三宮 京都四条
名古屋栄 名古屋駅前
仙台院 新潟院
広島院 福岡天神

※メンズリゼ新宿以外は、リゼクリニック受付が対応させていただきます。

提携院

青森 八戸
盛岡 いわき
郡山
閉じる

お問い合わせ

再診予約

無料カウンセリング予約