メンズリゼTOP > 脱毛の基礎知識 > 脱毛後のお手入れ

脱毛後のお手入れ

特に日焼けにご注意ください。

脱毛後

当日の入浴はお控え下さい

照射後は、レーザーにより皮膚がダメージを受ける事で若干の熱を帯びた状態になっております。そのため、入浴によりさらに体温を上げてしまうと、照射による赤みやヒリヒリ感を増加させる危険性がありますので入浴を控えて頂いております。もちろんシャワー程度であれば問題ありませんが、その際にもタオル等でこするなどの患部への刺激は控え、手で優しく洗い流す程度にして下さい。※体温を上げてしまうという同様の理由から、激しい運動や過度なアルコール摂取もお控え下さい。

炎症止めの軟膏(クリーム)を塗ってください

照射部位には、レーザーによりお肌に赤みやヒリヒリ感が多少でますので、治るまでの間、お渡しする炎症止めの軟膏(クリー ム)を、照射部位に1日1~2回薄く塗布して下さい。軟膏を塗布し2~3日経過すると赤みやヒリヒリ感は自然に治ります。万が一、過度な赤みやヒリヒリ感、さらに、湿疹、痒みや痛み、水ぶくれなどの症状が出た場合は直ちにクリニックにご連絡下さい。

日焼けをしないようにご注意下さい

脱毛の治療期間中は、照射対象部位に必ず日焼け止めをご使用下さい。日焼けをしてしまうと、黒色に反応するレーザーのため次回の照射が出来なくなる場合があります。万が一日焼けをしてしまった際には、照射可能なレベルかを判断させて頂きますのでスタッフまでご相談下さい。

保湿を心がけてください

レーザー照射をする事で照射部位の水分が奪われ、乾燥状態になりやすくなります。もちろん一時的ではありますが、乾燥している期間は皮膚の表面が固くなるため、毛が抜け落ちるのを妨げてしまう恐れがあります。また、毛が皮膚の中に埋もれる埋没毛の原因にもなりますので、保湿剤などで保湿をするようお願い致します。

毛嚢炎(もうのうえん)が出来た際には

胸や背中などの皮脂線が多い部位や、ヒゲ、ワキ、ビキニラインなどもともと毛が濃く太い部位は、照射後に毛嚢炎(ニキビと似た毛穴の周囲に起こる膿疱などの炎症)が生じる場合がございます。当院では、毛嚢炎への対応として軟膏を無料でお渡ししておりますが、それでも症状が改善しない、または悪化している場合は直ちにクリニックへご連絡下さい。

毛が生え揃ったら次回照射のご予約をお願い致します

毛が生え揃うまでの目安として、前回照射から「顔は6~8週間」「身体は8~10週間」の間隔を置く事が理想になります。しかし、照射回数を重ねる事で上記間隔よりさらに毛周期が遅くなる場合があり、そうした場合、毛が生え揃うのも時間がかかる事がありますのでご注意下さい。限られた照射回数の中で最大限の効果を出すために、しっかりと毛が生え揃っている事を確認した上で次回照射のご予約を取るようお願い致します。

脱毛後
他店との違い

おすすめプラン

院限定トライアル脱毛 1回1部位2,980円(税込)

全身脱毛5回コース

就活脱毛・学割プランスタート

月々3,000円~始められる定額・低額プラン

エステ脱毛からの乗り換え割

脱毛部位から選ぶ
  • セットプラン
  • 顔・ヒゲ
  • ボディ
  • 陰部周辺
ヒゲ脱毛専門ページ
リゼクリニック
▲ トップへ戻る
ヒゲ脱毛専門ページはこちら

お問い合わせ

再診予約

無料カウンセリング予約