ムダ毛の自己処理のリスク

ムダ毛処理は、一時的な減毛と引き換えに
皮膚にダメージが蓄積されていることを
ご存じでしょうか?

ムダ毛の自己処理にもリスクは伴います。毎日の自己処理によって、お肌や毛穴はストレスを受け、それに伴って肌トラブルを誘発することがあります。

  • カミソリの自己処理のリスク

    カミソリ

    カミソリを使用したムダ毛の剃毛です。
    表面の毛を剃っているだけですので、頻繁に処理する必要があります。

    【カミソリのリスクと危険性】
    ・カミソリ負け
    カミソリの刃が、ムダ毛の剃毛時に皮膚の表面を傷つける事で、敏感な方は赤みや痒みなどの不快感を感じます。

    ・カミソリ負けによる乾燥
    カミソリによる剃毛で、皮膚表面が傷つく事で、潤いをが保てなくなり乾燥肌になる可能性があります。乾燥肌は肌トラブルの原因となりますので、剃毛をした後にはしっかりと保湿を行う事が大切です。

    ・埋没毛
    カミソリにより皮膚が傷つく事でかさぶたが形成され毛穴を塞いでしまい、毛が表に出てこれなくなる症状です。

  • 毛抜きの自己処理のリスク

    毛抜き

    毛抜きを使用し1本ずつムダ毛を自己処理する方法です。
    カミソリによる自己処理同様、身近な処理方法です。
    1本単位で処理をするため、範囲が広くなると処理に相当な時間を要します。

    【毛抜きのリスクと危険性】
    ・毛嚢炎
    毛嚢炎とは、ニキビのような炎症ができます。
    毛抜きにより傷ついた毛穴が、細菌感染を起こし炎症を起こします。
    かすかに、かゆみや痛みを感じることがあります。

    ・埋没毛
    埋没毛とは、毛穴の中に埋まってしまうことです。
    毛穴が炎症を起こすと、それを治そうと防御機能が働きます。
    その働きにより、逆に毛穴そのものを塞いでしまう事で、成長する毛が外に出れなくなり、毛穴の中に埋まってしまいます。

  • 除毛クリームの自己処理のリスク

    除毛クリーム

    除毛クリームは、含有成分であるアルカリ薬剤によって表面に出てきている毛を溶かすことでムダ毛を自己処理します。
    インターネット通販やドラッグストアなどで手軽に購入することができます。

    【除毛クリームのリスクと危険性】
    ・肌への負担
    除毛クリームは、かぶれやかゆみ、赤みや炎症などの肌トラブルを起こすリスクがあります。
    除毛クリームは、皮膚に良くないとされるアルカリ薬剤を使用しています。
    特に普段から肌荒れのしやすい敏感肌の方は注意が必要です。
    万が一、ご使用をされる際には、製品により成分も微妙に異なります。極力ご自身の肌にあった製品を選定する事をおすすめいたします。

  • 脱毛ワックス(ブラジリアンワックス)の
    自己処理のリスク

    脱毛ワックス(ブラジリアンワックス)

    脱毛ワックスは、ムダ毛を処理したい部位に塗布し、乾いてから一気にはがすという処理方法です。インターネット通販で購入することができます。

    【脱毛ワックスのリスクと危険性】
    ・肌への負担
    脱毛ワックスをはがす際に皮膚の表面も同時にはがしてしまう為、場合によっては内出血やかぶれなどが発生するリスクがあります。

    ・痛み
    引っ張って抜くという単純作業になるため痛みを伴います。

    ・埋没毛
    これは脱毛ワックスに限った事ではないですが、ワックスを剥がす際に皮膚の防御機能が働く事で毛が埋没するリスクがあります。

  • 脱毛テープの自己処理のリスク

    脱毛テープ

    脱毛テープとは、ムダ毛を処理したい部位にテープを貼って、剥がすという方法です。その場で貼って剥がすだけという手軽さがあります。
    脱毛方法は、脱毛ワックスと似ています。
    脱毛ワックスでは暖かいワックスを塗布する事で毛穴を開かせるため、抜きやすいのですが、脱毛テープではテープを貼るだけなので、ワックスと比べると抜けづらくなります。

    【脱毛テープのリスクと危険性】
    ・痛み
    貼って剥がすという単純作業のため部位によっては強い痛みを伴います。

    ・うまく抜けきらない
    テープを貼り剥がすだけのため、痛みの割に綺麗に抜けず、途中で切れてしまったりするリスクが高い。

    ・肌への負担
    脱毛ワックス同様に剥がす時に皮膚への負担がかかります。肌の弱い方ですが、赤みや湿疹などが現れるリスクがあります。

    ・埋没毛
    これは脱毛テープに限った事ではないですが、テープを剥がす際に皮膚の防御機能が働く事で毛が埋没するリスクがあります。

  • 家庭用脱毛器の自己処理のリスク

    家庭用脱毛器

    家庭用脱毛器は、自宅やエステサロンで使用されている光脱毛を自分で扱うことができる機器です。
    あくまで家庭用の為、エステよりも照射パワーが低く、脱毛効果も弱いとされています。

    【家庭用脱毛器のリスクと危険性】
    ・火傷のリスク
    照射パワーが低いため、火傷のリスクが低いと思われがちですが、照射パワーが低い分、過度に照射してしまい、肌に熱がこもることで、火傷を誘発する場合があります。

    ・効果の割にコストがかかる
    家庭用脱毛器は商品によって、使い捨て式であったり、使い続ける為に消耗品の専用のカートリッジが必要になることがあります。
    一時的な効果であるうえに、ランニングコストがかかってしまい、効果の割に費用がかさんでしまうようです。

では、医療レーザー脱毛は
リスクがないのか?

そんなことはありません。医療レーザー脱毛にもリスクは伴います。ただし、全てのリスクにおいて医療機関であれば迅速に対応することができます。またメンズリゼでは、肌トラブルが発生した場合において、無料で対応させていただいております。医師の診断やお薬の処方など、無料でご案内いたします。

▲ トップへ戻る

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

医師によるカウンセリングは無料です。

東京新宿 渋谷
銀座 町田
立川 大宮
柏 横浜
大阪梅田 心斎橋
神戸三宮 京都四条
名古屋栄 名古屋駅前
仙台院 新潟院
広島院 福岡天神

※メンズリゼ新宿以外は、リゼクリニック受付が対応させていただきます。

提携院

青森 盛岡
いわき 郡山
閉じる

お問い合わせ

再診予約

無料カウンセリング予約