メンズリゼTOP > 独立行政法人「国民生活センター」の発表を受けて

独立行政法人「国民生活センター」の発表を受けて

日頃よりメンズリゼをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

2017年5月11日に、独立行政法人「国民生活センター」が公表した『なくならない脱毛施術による危害』(http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20170511_1.html)を受けて、全国17院を展開する医療脱毛専門院『リゼクリニック』の現状を含め、以下見解を発表いたします。

1.リスクについて
当院では、「脱毛はリスクを伴う施術である」という事をすべての患者さまへお伝えした上で、以下の通りリスクの内容を開示しております。
※これらはすべて、医療機関で行う医療脱毛に限らず、光(レーザー・IPLなど)を使用したすべての脱毛法(脱毛サロン・家庭用脱毛器を含む)にて起こりうるリスクです。

(i) 施術直後の赤み
脱毛を行った際、光が毛根組織にあるメラニン色素に反応することにより、軽い火傷の状態となることによる炎症反応です。個人差はありますが、照射後はほぼ全ての方に見られる症状です。

(ii) 毛嚢炎
脱毛を行った際、光が反応し発生する熱により、肌は一時的にダメージを受けます。その状態で毛穴に雑菌が感染してしまうと、毛穴に炎症が起きニキビのような毛嚢炎ができる場合があります。

(iii) 火傷
光を使用した脱毛は、毛根組織にあるメラニン色素に光が吸収されるときに発生する熱を利用し効果を得ているので、照射出力によって熱が多く発生しすぎた際や、皮膚の表面のメラニン色素に反応した際に火傷が起きてしまうことがあります。

(iv) 色素沈着
毛嚢炎や火傷のあと、及び毛穴が炎症を起こしている間に日焼けをしたり強く刺激を与えることで、一時的に薄いシミができることがあります。

(v) 硬毛化・増毛化
硬毛化・増毛化は光の照射により、脱毛前よりも毛が太く硬くなったり、増えたりする現象です。
硬毛化、増毛化に関しては医学界においてさまざまな研究がなされているものの、原因の明らかな究明や予防法、治療法の確率には至っていません。


2.アフターケアについて
当院では、万が一上記リスクが発生した場合でも迅速に対応を行い、最善の治療を心がけております。
診察・処方の際にも一切ご費用は頂戴しておりません。当院のリスク&ケアに関して詳しくは下記ページを御覧ください。
https://www.mens-rize.com/risk/

なお、国民生活センターの公表を受け、ニュースメディアでの「エステや医療機関で脱毛を受けた後に、ヤケドや痛みなどの症状を訴える人が相次いでいる(※①)」等の報道につきまして、当院の場合直近4ヶ月の火傷の発生率は以下の通りです。
1月:0.040%
2月:0.024%
3月:0.032%
4月:0.044%

※①参考記事 出典:LivedoorNEWS
『エステなどでの脱毛で痛みやヤケドが相次ぐ 国民生活センターが注意』
http://news.livedoor.com/article/detail/13049159/

美容皮膚科リゼクリニック
新宿院院長 大地まさ代

この件に関するお問い合わせ
広報部:佐竹・下谷
TEL:03-5155-6535
pr@rizeclinic.com

他店との違い

おすすめプラン

おすすめプラン

乗り換え割

モニター割

脱毛部位から選ぶ
  • セットプラン
  • 顔・ヒゲ
  • ボディ
  • 陰部周辺
ヒゲ脱毛専門ページ
メンズ脱毛をよろしく
リゼクリニック
▲ トップへ戻る
リゼをもっと知る

無料カウンセリング予約

再診予約

お問い合わせ

メンズリゼの電話番号