ヒゲ以外の脱毛は上のメニューボタンから

エステや他の脱毛方法とお悩みの方へ

  • 東京メトロ全線広告ジャック
  • オトコはメンズリゼでお馴染みのTVCM
  • ミス・ミスターコンテストメイン協賛
  • 町田院・立川院 10月開院

多くの男性の医療脱毛に取り組んで

  • 症例数1,233,067件
  • 患者画像

プロに任せるヒゲ脱毛の比較表

プロに任せるヒゲ脱毛の比較表
  • エステ脱毛
  • ニードル脱毛(針脱毛)
  • 医療レーザー脱毛
エステ脱毛の比較表
ニードル脱毛(針脱毛)の比較表
医療レーザー脱毛の比較表

プロに任せるヒゲ脱毛の比較まとめ

価格

価格

通う回数や期間によって、最終的にかかる総額にも違いがあります。エステ脱毛の場合、一見安価に感じる打ち出し方をしています。しかし上の表でもお伝えした通り、エステ脱毛には終わりがありません。そういったことを考えてみると、結果的に医療レーザー脱毛やニードル脱毛の方がトータルでは安く済むことがあります。

効果

効果

医療機関で受けることのできる医療レーザー脱毛とニードル脱毛、エステサロンで行うエステ脱毛の効果の違いは、使用している物の違いによるものです。毛の成長を抑え、永久脱毛効果のある医療レーザー脱毛とニードル脱毛は、医師法により医療従事者にしか扱うことができません。このためエステ脱毛では出力の低い光しか扱うことができず、毛がまた生えてくるため、一時的な減毛効果にとどまります。

期間・手間

期間・手間

毛量などの個人差はありますが、エステ脱毛は出力が弱く、一時的な減毛にとどまるため、終わりがありません。減毛の効果を実感するのに、15~18回と言われています。一方で、医療レーザー脱毛とニードル脱毛の場合は5~8回で施術が概ね完了することが多いです。

痛み・安全面

痛み・安全面

ヒゲは毛が太く、根深いため、痛みを感じやすいと言われています。医師が常駐する医療機関の医療レーザー脱毛とニードル脱毛では、痛みを軽減する方法として麻酔の使用が可能です。一方で、エステ脱毛には医師が常駐していないため、麻酔の使用はできません。また、医師が常駐しないということは、万が一の肌トラブルの際に迅速な処置が行えないという可能性があります。

自宅でできるヒゲ脱毛の比較表

自宅でできるヒゲ脱毛の比較表

  • 家庭用脱毛器
  • 除毛クリーム
家庭用脱毛器の比較表
除毛クリームの比較表

自宅でできるヒゲ脱毛の比較まとめ

価格

価格

家庭用脱毛器は、本体代+カートリッジなどの消耗品代のみを考えればいいので、サロンやクリニックに通うより安上りではありますが、除毛クリームと比べるとまとまったお金は必要になります。除毛クリームは、薬局やネットでも購入でき、一番安価なヒゲ脱毛の方法になります。

効果

効果

医療機関で受けることのできる医療レーザー脱毛やニードル脱毛とは異なり、家庭用脱毛と除毛クリームは、一時的な減毛・除毛効果にとどまるため、終わりがありません。したがって、永久脱毛の効果はありません。

期間・手間

期間・手間

毛量などの個人差はありますが、家庭用脱毛の減毛効果を実感するのに、20回~と言われています。除毛クリームは、即効性がありますが、1週間を過ぎたころにはヒゲがポツポツと生えてきてしまいます。また、除毛クリーム使用後は皮膚表面に毛が見えないので、ヒゲが生え揃うまで永久脱毛、抑毛ができません。

痛み・安全面

痛み・安全面

家庭用脱毛器は、自宅でも安全に使用できる仕様になっているため、安全性は高いとされていますが、火傷などの肌トラブルが全く起きないとも言い切れません。また、除毛クリームは、皮膚に良くないとされるアルカリ薬剤を使用しているため、かぶれや赤みが発生する危険性があるため、安全性は保証できません。

無料カウンセリングはこちら

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

医師によるカウンセリングは無料です。

東京新宿 渋谷
銀座 町田
立川 大宮
柏 横浜
大阪梅田 心斎橋
神戸三宮 京都四条
名古屋栄 名古屋駅前
仙台院 新潟院
広島院 福岡天神

※メンズリゼ新宿以外は、リゼクリニック受付が対応させていただきます。

提携院

青森 盛岡
いわき 郡山
閉じる

お問い合わせ

再診予約

無料カウンセリング予約