メンズリゼTOP > 脱毛の基礎知識 > 毛周期について

毛周期について

レーザー脱毛は成長期の毛にしか効果がありません

脱毛をする前に、まず毛周期について学ぶ必要があります。
体毛は一定の周期で常に生え変わっており、このサイクルを毛周期と言います。
毛周期は3段階あり、成長期→退行期→休止期と進みます。

毛周期イメージ

レーザー脱毛は毛周期における成長期の体毛にのみ効果を発揮します

ここで大事なことが、レーザー脱毛は毛周期における成長期の体毛にしか効果的ではないということです。
ということは、効果をしっかり出すためには、1回目の照射後は、退行期・休止期を過ぎて成長期になってから2回目の照射を行わなければいけません。

毛周期における成長期の見極め方

では、どのくらいの期間で成長期に入るのでしょうか?
残念ながら、成長期を厳密に見極めることは不可能です。なぜなら毛周期は個人差が大きく、部位によっても差が大きい(数週間~数年)と言われているからです。例えば、ボディ部分(顔以外)の体毛と顔の体毛では、毛の生え方や種類がまったく異なりますし、人種や研究施設によって違いがあったという研究データもあります。

では期間はどれくらい空けるべきなのか?

メンズリゼでは照射間隔をボディ部分(顔以外)は8~10週間、顔は6~8週間の間隔を空けることを推奨しています。
上記数字の根拠ですが、「上記の間隔で照射するのが効果的」ということではなく、「上記の間隔より短い間隔で照射してもあまり効果を得ることができない」可能性があるためです。

『十分に体毛が生えそろってきた時』が、メンズリゼがおすすめする施術のタイミングです。これこそが、メンズリゼが5年という長い期間をコースの有効期限にしている最大の理由です。たまに誤解されている方がいらっしゃいますが、間隔を空けずに続けて照射したほうがいいというのは大きな間違いです。

脱毛の長期的イメージ

より効果的な医療レーザー脱毛を行うために

患者様ができる限り短期間での脱毛完了を希望されるのは当然のことだと思います。ですので、大半の患者様はボディ部分の場合8~10週間、顔の場合は6~8週間の間隔で照射を受けられます。

しかし、より効果的に脱毛を行いたいのであれば、すなわち長期的に見て減毛率を少しでも上げたいのであれば上記以上の期間を空けることも必要になってきます。
そのために、メンズリゼでは終盤の照射では、さらに間隔を空けることをお勧めすることがあります。

エステ等では「1年間フリーパス」といったシステムも存在しますが、メンズリゼでは脱毛効果を最大限に高めるために5年という長い期間をコースの有効期限としています。

急な転勤・長期出張といった一定期間通えなくなってしまった時や、夏に日焼けをしてしまい冬まで照射を中断する際にも安心です。

他店との違い

おすすめプラン

全身脱毛5回コース

就活脱毛・学割プランスタート

月々3,000円~始められる定額・低額プラン

エステ脱毛からの乗り換え割

脱毛部位から選ぶ
  • セットプラン
  • 顔・ヒゲ
  • ボディ
  • 陰部周辺
ヒゲ脱毛専門ページ
リゼクリニック
▲ トップへ戻る
ヒゲ脱毛専門ページはこちら

お問い合わせ

再診予約

無料カウンセリング予約