メイン画像

メンズリゼTOP > 脱毛の基礎知識 > メンズエステと医療機関(クリニック)での脱毛の違い

メンズエステと医療機関(クリニック)での脱毛の違い

脱毛をしようと思った時に、まず悩むのが「クリニックか?エステ?」ということだと思います。この悩みに関して、 男性にとって美容の先駆者と言える女性たちは一定の回答を出しています。ここ数年で、エステ脱毛から医療レーザー脱毛への乗り換えが増えてきているのです。 ここでは様々な観点から、クリニックとエステの脱毛の違いを、メンズリゼの見解を加えつつ、比較表の中で詳しく説明いたします。 全て読んで頂ければ、医療レーザー脱毛とエステ脱毛の違いについてご理解いただけるかと思います。

 

メンズエステと医療機関(クリニック)の比較表

医療機関(クリニック) メンズエステ
効果

永久脱毛

一時的な減毛

詳細はこちら

医療レーザー脱毛とエステ脱毛の違いをお伝えする上で、違いが一番わかりやすいのは効果についてでしょう。  医療レーザー脱毛で得られる効果は「永久脱毛」であり、エステ脱毛で得られる効果は「一時的な減毛」です。 この効果の違いは、照射しているものが違うために起こります。

クリニックでは高出力なレーザーが使用でき、このパワーの強いレーザーを照射することで、毛の成長をつかさどる毛乳頭という細胞を破壊します。
これに対してメンズエステでは、出力の低い光しか使用が認められていないため、毛穴の奥深くにある毛乳頭まで届かず、ムダ毛の成長速度を遅らせる程度の効果にとどまります。

期間

1年半~2年ほど

2年以上かかるケースが多い

詳細はこちら

医療レーザー脱毛は、部位にもよりますが、1年半から2年ほどで脱毛が完了となります。
一方、照射回数が倍以上必要なメンズエステの場合、コース終了まで2年~3年以上の期間が必要である他、減毛効果を持続させるためにその後も通い続ける必要があります。

時間に余裕がない多忙なメンズだからこそ、少ない回数で短期間のうちに完了する医療レーザー脱毛を選ぶべきです。

脱毛機

医療機関のみが使用できるレーザー脱毛機

出力の低いIPL脱毛・光脱毛

詳細はこちら

医療レーザー脱毛もメンズエステも、黒いメラニン色素に反応する仕組みを使用し、ムダ毛に働きかけます。
しかし、使用できる光については法令で定められており、強力なレーザーを扱えるのはクリニックだけです。

医療機関であるクリニックでは、高出力なレーザーを使用することが許されており、これを使用することで毛穴の奥深くまでレーザーが到達し脱毛効果を得ることができます。
一方、メンズエステでは、医療従事者がいないため、低出力な光しか取り扱いが許されておらず、毛穴の奥底にある細胞を破壊することはできません。

痛み

輪ゴムではじく程度と表現されるが
実際はもっと痛い

出力が低いので、痛みは少ない

詳細はこちら

メンズエステに施術の痛みが無いわけではありませんが、クリニックでは高出力なレーザーが使用されているため、メンズエステよりも強い痛みを感じやすいと言えます。
脱毛効果を得るためには細胞を破壊する必要があるため、どうしても刺激が伴ってしまいます。

しかし医療機関であれば、麻酔の使用が可能であるため、強い痛みを感じやすい場合でもそれを軽減することができます。
医療クリニックであるメンズリゼでは、2種類の麻酔をご用意しており、体質やお好みに応じてご利用いただけます。
ただ、体質によっては使用できない場合もございますので、事前に医師の診察を行います。

安全面

医療機関なので薬の処方などが可能

診察や薬の処方はできません

詳細はこちら

脱毛には、色素沈着や火傷などといった、肌トラブルのリスクが伴います。しかし、メンズエステには医療従事者がいないため、診察や治療が行えだけでなく、エステティシャンがそういったリスクへの理解が乏しい場合まであるそうです。
医療機関であるクリニックでは、医師や看護師が常駐しているため、万が一肌トラブルが起きてしまっても、迅速な治療を行うことが可能です。
メンズリゼでは、肌トラブルのリスクについてご契約の前にすべて開示し、患者様にご納得いただけるようにしっかりとお伝えいたします。

違法性

医師法により認められています

「脱毛」は医療従事者しかできません

詳細はこちら

医師以外が「用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為」は医師法17条に違反する、と厚生労働省が通達を出しています。
この通達があるにも関わらず、エステ脱毛が一般的に行われている1つの原因として、違法性についての線引きが曖昧である点が挙げられます。また、細胞を破壊しないのであれば、それは違法ではないという考え方も可能なようですが、細胞を破壊しなければそもそも脱毛効果を得ることはできません。

医療機関(クリニック)とメンズエステの比較 まとめ

脱毛効果が違う

クリニックで行う医療レーザー脱毛は、毛穴の奥深くにある発毛をつかさどる細胞を破壊することで、永久脱毛の効果を得ようとするものです。それに対してメンズエステで行われているIPL脱毛や光脱毛は、一時的な減毛効果にとどまります。

照射パワーが違う

効果の違いは使用している物の違いによるものです。細胞を破壊するだけの高出力なレーザーは、医師法により医療従事者にしか扱うことができません。このためメンズエステでは出力の低い光しか扱うことができず、脱毛効果を発揮することができません。

通う回数や期間も違う

出力が違い、ムダ毛に対する効果に差があるということは、それぞれの効果を実感するまでの回数や期間にも違いがあるということです。医療レーザー脱毛の推奨回数は、部位にもよりますが5回前後なことが多いです。この回数では毛周期を考えても1年半~2年ほどで完了することが多いです。それに対してメンズエステの推奨回数は10回以上となります。多くの回数を必要とするため、コース終了に2年はかかり、得られる効果も一時的な減毛であることから、効果を持続させるためには、その後も通い続ける必要があります。

忙しいメンズだからこそ医療レーザー脱毛を

ここまで医療レーザー脱毛とメンズエステの違いについてお伝えしてきました。医療レーザー脱毛についての理解も深まったかと思います。男性にとって美容の先駆者と言える女性も、こういった理解を得られたために、ここ数年でエステ脱毛からの乗り換えが増えています。日々、仕事やプライベートに追われている男性にとって、時間というものは貴重なものです。ここまでお知らせした違いを鑑みていただければ、医療レーザー脱毛なら、少ない時間で効率的に脱毛を行えることが分かっていただけるかと思います。
忙しい男性にこそ、医療脱毛はおすすめなのです。

乗り換え割

他店との違い

おすすめプラン

おすすめプラン

エステ脱毛からの乗り換え割

就活脱毛・学割プランスタート!

脱毛部位から選ぶ
  • セットプラン
  • 顔・ヒゲ
  • ボディ
  • 陰部周辺
ヒゲ脱毛専門ページ
リゼクリニック
▲ トップへ戻る
ヒゲ脱毛専門ページはこちら

お問い合わせ

再診予約

無料カウンセリング予約