デリケートゾーン以外の脱毛は上のメニューボタンから

肛門周りの永久脱毛専門ページ

デリケートゾーンの医療脱毛専門ページ

肛門周り脱毛の詳細

※肛門周り脱毛5回コースを分割12回払いでご希望の場合、初月のみ引き落とし金額が4,254円となります。

照射の流れを動画で公開中

施術内容:YAGレーザー 料金:¥39,800(5回) 副作用(リスク):打ち漏れなど

肛門周り脱毛の照射時間(目安)

30分

肛門周り脱毛の照射範囲

穴より2cm以内

肛門周り脱毛のリスク・副作用

炎症性浮腫
☆☆☆☆☆
毛嚢炎
☆☆☆☆☆
増毛、硬毛化
☆☆☆☆☆
打ち漏れ
★★☆☆☆
火傷
☆☆☆☆☆
医療レーザー脱毛のリスクと、その対応はこちら

照射時のポイント

お尻を広げながら照射します

お尻を少しずつずらしながら照射します。痛みによってお尻に力が入って肛門が隠れてしまい、照射が難しくなりますので、急がずに患者様のペースに合わせて照射を行います。

痛みを軽減するために

男性器、肛門周りは痛みを感じやすい部位です。メンズリゼでは痛みを軽減するためにさまざまな取り組みを行っております。

・声かけの徹底
必要以上に体がこわばったりしないように、「ハイ!」ピッ!「ハイ!」ピッ!と声掛けをしてから照射を行います。

・照射の順番を工夫して急激な痛みを回避
肛門周りは全体的に痛みのレベルは等しいですが、やはり肛門に近い方が痛みが強くなります。そのため、痛みが少ない外側から照射を開始して、少しずつ痛みの強い中心部分に向かって照射していきます。

・麻酔について
それでも痛みが我慢できない場合には、麻酔をご利用いただけます。
塗る麻酔と笑気麻酔がありますが、肛門周りの脱毛には基本的には笑気麻酔がご利用いただけません。
うつぶせの態勢で照射を行うので、吸引がしっかりできないためです。

打ち漏れを防ぐための
痛みと恥ずかしさへの配慮

肛門部分は恥ずかしさと痛みによって、力が入ってしまいます。お尻に力が入ると照射ができず、打ち漏れの原因となってしまうため、患者様にリラックスしてお尻の力を抜いて頂けるように、こまめにお声掛けをします。また、恥ずかしさを少しでも軽減するために、照射する部分以外はタオルで隠すようにしています。※身体が条件反射でこわばってしまうのは、患者様の意識ではどうしようもないので、気になさらないでください。

アナウンス

男性スタッフが照射します

照射を行うのは必ず有資格者である男性看護師です。

料金の詳細はこちら
Q&Aをもっと見る
▲ トップへ戻る
ヒゲ脱毛専門ページはこちら

お問い合わせ

再診予約

無料カウンセリング予約