ジュール設定と火傷(やけど)の関係

リスクと脱毛効果のバランス。
それを左右するのはジュール設定です。

イメージ画像

医療レーザー脱毛で適切な効果を与える為には、適切なジュール設定が必要です。
ジュールとは、医療レーザーの照射レベルを調節するものです。
ジュールと効果の関係性は、ジュールを低く設定するとレーザーの威力は弱く、ジュールを高く設定するとレーザーの威力が高まり、脱毛効果を上げることができます。

ジュール設定を高くすることで、高い脱毛効果を期待することができますが、火傷のリスクが高まることがあります。

ジュールを設定するうえで、基準にしていることは「肌の色」です。
黒色(メラニン色素)に反応するレーザーを使用しているため、黒い肌に高いジュール設定をしてしまうと、火傷のリスクが高まります。

肌色が黒い場合はジュール設定を低めにし、白い場合は高めにジュールを設定します。

また、火傷のリスクを避ける為に、ジュールを設定する際は、とくに下記の部位に注意するようにしています。

・乳輪周辺
・色素沈着している箇所
・ほくろ周辺
・毛が細い部位
・毛が太い部位

このように、リスクや効果を考慮して、個々の肌を見極め、適切なジュール設定にする必要があります。

可能な限りリスクを抑え、効果を高めるために

効果を実感し、リスクを抑えて脱毛をする理想のジュール設定は、「火傷(やけど)を起こす手前ギリギリ」です。

少しでもジュール設定を間違えると火傷を起こしてしまうため、十分な注意が必要です。

まずはリスクを回避するため、初回の照射は少し弱めの設定で照射を行います。その反応を見ながら照射ごとに徐々にジュール設定を上げていきます。

「これ以上設定を上げると火傷(やけど)するかもしれない」というラインが上限設定です。

どのくらいの肌の色ならどのくらいのジュール設定にするか?という大まかな判断は、医療従事者であればだれでも行うことができます。

しかし、細かい調整はある程度の脱毛経験がなければできません。だからこそ、経験の豊富な脱毛を専門としているクリニックを推奨しています。

メンズリゼの取り組み・対応

point01

毎回、照射前に肌の色の確認を徹底しています

毎回照射前に、肌の色を確認し、ジュール設定をしています。
さらに、照射毎のジュール設定を電子カルテにて記録・施術者に共有しております。

point02

万が一火傷(やけど)が起きてしまった場合、完全無料保証で対応致します

火傷(やけど)を起こさないために万全の注意を払っていますが、100%起きないとは言い切れません。
万が一火傷(やけど)が起きてしまった場合には、診察、治療、薬の処方など、全て無料で対応させていただきます。

point03

再発防止のために全スタッフで状況を共有します

万が一火傷を起こしてしまった際には、その時の状況を細かく共有して、再発防止に努めております。

▲ トップへ戻る

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

選択してください

閉じる

医師によるカウンセリングは無料です。

新宿 渋谷
銀座 町田
立川 大宮
柏 横浜
大阪梅田 心斎橋
神戸三宮 京都四条
名古屋栄 名古屋駅前
仙台院 新潟院
広島院 福岡天神

※メンズリゼ新宿以外は、リゼクリニック受付が対応させていただきます。

提携院

青森 八戸
盛岡 いわき
郡山
閉じる

お問い合わせ

再診予約

無料カウンセリング予約