メンズリゼTOP > 医療レーザー脱毛のリスク

医療レーザー脱毛のリスク&ケア

メイン画像

症状症状

矢印

当院の対応当院の対応

医療レーザー脱毛は、副作用やトラブルが起こるリスクがあります。当たり前ですが、当院では起こり得るリスクをご契約前に全てご説明しております。医療機関としての説明責任を全うすることはもちろん、万が一それらが発生した場合でも、責任をもって治療やアフターケア行う覚悟があるからです。例えば、医療レーザー脱毛のリスクの一つである、硬毛・増毛化が発生した場合、「コース終了から1年間は照射を無料保証する」という業界では例をみないシステムを取り入れました。数あるクリニックの中から当院を選んでいただいた患者様に対して、最後まで責任を全うしたいというスタッフの想いがこれを実現させました。

施術直後の赤み・ヒリヒリ感・むくみ

症状
症状

皮膚の炎症反応です。レーザー照射後は必ず起きます。肌が弱めの方は、数日ヒリヒリ感が残ることがあります。

矢印

メンズリゼの対応
当院の対応

レーザー照射後には炎症止めの軟膏を塗布します。同じ軟膏を処方しますので、痛みが残るようであれば、ご自宅でご使用ください。もちろん無料です。

毛嚢炎(もうのうえん)

症状
症状

レーザーの熱によって毛穴のバリア機能がダメージを受けるため、雑菌が入ると炎症を起こしやすくなります。この炎症が毛嚢炎です。毛穴の周囲が赤くなり痛みを感じたり、ニキビになることもあります。

矢印

メンズリゼの対応
当院の対応

医師の診察が必要ですので、すぐにご相談ください。診察、治療薬(内服薬・軟膏)処方を無料で対応させていただきます。

やけど

症状
症状

体毛にレーザーが吸収されるときに発生する熱によって毛を作る細胞(毛包)にダメージを与えます。レーザーの照射パワーを弱くすればヤケドのリスクは限りなくゼロに近づきますが、十分なパワーがないと細胞にダメージを与えることができず、効果を得ることはできません。「体毛と毛包にだけダメージを与えながらも、周囲の皮膚にはダメージを与えない」ギリギリのラインで照射することが理想ですが、体毛の個人差やその日の肌の状態などの関係から、どうしてもヤケドを起こすリスクは伴います。

矢印

メンズリゼの対応
当院の対応

脱毛後には炎症止めの軟膏を塗布します。同じ軟膏を無料で処方いたしますので、痛みが残るようであれば、ご自宅でご使用ください。

硬毛化・増毛化

症状
症状

照射の影響で脱毛部位の毛が増えたり、硬い毛が生えてくることがあります。顔、上腕、うなじ、背中などの産毛が多い部位で起こることがあります。原因は残念ながら解明されていません。当たり前ですが、これは当院だから起こるものではなく、脱毛をしているエステ、クリニックならどこでも起こりえることです。

矢印

メンズリゼの対応
当院の対応

多くの場合、照射を続けることで脱毛することができることから、メンズリゼでは「コース終了から1年間照射を無料保証」で対応しております。

打ち漏れ

症状
症状

ライトシェアデュエットは、レーザー脱毛機種の中では最先端かつ最高のものだと考えておりますが、設計上『うち漏れ』が出やすい機種です。照射の研修、教育は行っておりますが、100%うち漏れがないとは言い切れません。

矢印

メンズリゼの対応
当院の対応

「うち漏れかな?」と思ったら、大変お手数ですがすぐにお電話下さい。優先的にご予約を取らせて頂き、無料(前回照射から4週間以内)で追加照射を行います。

症状症状

矢印

メンズリゼの対応当院の対応

部位によってそれぞれのリスク・副作用の起こる確率は異なります

各部位ごとのリスク・副作用の発生頻度を5段階に分けた指標を各部位ページに記載しております。あくまで平均的な指標として参考までにご覧ください。星が少ないほど発生頻度が少なく、多いほど発生頻度が高い部分です。※☆が0だから絶対に発生しない、☆が5だから絶対に発生するということではありません。また、ムダ毛の自己処理においても、もちろんリスクは伴います。

他店との違い

おすすめプラン

おすすめプラン

乗り換え割

モニター割

脱毛部位から選ぶ
  • セットプラン
  • 顔・ヒゲ
  • ボディ
  • 陰部周辺
ヒゲ脱毛専門ページ
メンズ脱毛をよろしく
リゼクリニック
▲ トップへ戻る
リゼをもっと知る

お問い合わせ

再診予約

無料カウンセリング予約